国際結婚

ドイツで結婚後に必要な手続き~日本への婚姻届~

ドイツで結婚式を挙げてはや2ヶ月。

もうずっと一緒に住んでいるのでこれといった大きな心境の変化も無かったのですが、最近は新しい苗字で大学や保険会社などから手紙がくるようになり、結婚したという事をじわじわと感じているところです。

そんな折に、日本への婚姻届けを出してきたので、忘備録として書いておきたいと思います。

日本への婚姻届け

ドイツで結婚をした私達ですが、今のままだと日本では私はまだ独身のまま。私達が結婚したことを日本にも知らせるために、婚姻届と必要書類を管轄の在外公館に提出します。

注意しなければならないのは、届け出は婚姻が成立した日から3ヶ月以内に行わなければいけないという事です。

それ以上経ってしまうとどうなるかは分かりませんが、手続きが非常に面倒になる事だけは確か。なるべく早く届け出をしてしまうのに越した事はありません。

必要書類

私はフランクフルト領事館で届け出をしたので、必要書類は次の通りでした。

日本人とドイツ人がドイツの方式で結婚した場合

  1. 婚姻届 2通
  2. 戸籍謄本または抄本(原本) 2通
  3. 婚姻証明書 Heiratsurkunde(原本) 2通
  4. 同和訳文 2通
  5. 配偶者の婚姻当時の国籍を示す身分証明書
  6. 同和訳文
  7. 自分のパスポート

①の婚姻届けは領事館に置いてあり、書き方の見本も見せてもらえるので、その通りに書いていきます。

印を押す箇所がありますが、印鑑が無ければ拇印でも大丈夫。ドイツにわざわざ印鑑なんて持ってきてないですよね・・・。

③の婚姻証明書は返してもらえません。今後も何かの手続きで使う可能性大なので、あらかじめ戸籍局でもう1部余計に貰っておくことをおすすめします。

ちなみに私達は、2人の保険を合わせて「家族保険」にする際に、婚姻証明書が必要でした。

④、⑥の訳文は日本大使館のHPからフォーマットをダウンロードできるので、それをプリントして記入すれば大丈夫です。

日本大使館HP

翻訳するのは誰でもOK。ドイツに提出する日本語の書類は認証翻訳士が訳したものしか認められなかったので、これは大きな違いです。

⑤の身分証はパスポートまたはカードっぽい身分証を持って行きます。私は夫のパスポートを持って行きました。

書類を提出し不備が見つからなければ、日本で私を筆頭者にした戸籍が作られます(1~1ヶ月半ほどかかるそう)。

名前が変わったりダブルネームにした場合はパスポートの名前を変更をしないといけないので、新しい戸籍を取り寄せてまた手続きをします。

管轄する在外公館によって書類の必要部数が違っていたりするので、事前に確認することをおすすめします。

 

日本で名前の変更はする?

ドイツで夫の姓になったとしても、日本で何もしないと日本では旧姓のままになります。

日本でも夫の姓にしたい場合に提出するのが、「外国人との婚姻による氏の変更届」という申請書。こちらも領事館でもらえます。

婚姻から6ヶ月以内にこの申請をすることで、家庭裁判所の許可を得ずに日本での姓を変えることができるのです。

日本では夫婦別姓が認められていないのに、外国人と結婚するときは変更の申請をしないと旧姓のままなんて、なんかちょっと変な感じですね。

私は夫と相談して「日本でも夫の姓を使う」という事にしたので、婚姻届けと一緒にこちらの申請も済ませてきました。

なんだかんだで1時間以上かかった

婚姻届けや姓の変更届はその場で書いたので、記入漏れや訂正など色々あり、結局全ての作業が終わるまでに1時間以上かかりました。

夫の誕生日は西暦で記入するのに、私の誕生日は元号で記入・・・なんていうトラップみたいなのもあったり。

そもそも、ドイツに住んでいると今年が平成何年かなんて調べてみないと分からない・・・。

時間はかかりましたが必要な物は全て提出。あとは不備など見つからないことを祈るばかりです。

おわりに

結婚するまでは書類集めなどで大変ですが、結婚後の手続きも色々あって大変なのは国際結婚ならでは。

大変とはいうものの、書類集めや諸々の記入、提出に手間がかかるという程度で、「ものすごく煩雑な手続きがある」ということではありません。

ひとつひとつ片付けて行けばこの手続き類もちゃんと終わるので、そんなに心配することは無いんだなというのが、諸手続き真っ最中のいまの心境です。