クロアチア

夏のクロアチア旅行を楽しむために欠かせない持ち物8つ

私達がクロアチアを旅行したのは6月16日から30日までの2週間。この時期のクロアチアはすでに夏真っ盛りという感じで、どの日も太陽が照りつけ、気温は30℃を超えていました。

そんな夏のクロアチア旅行で、持って行って良かった&持って行けば良かったアイテムを紹介します。

サングラス

夏のクロアチアは日差しが強いです。おまけにどの町も旧市街では建物や地面に白い石が使われているので、照り返しがとにかく眩しい!

サングラスがあると無いとでは、クロアチアでの快適さは天と地ほどの違いです。強い紫外線を長時間浴びることは目にも良くないので、クロアチア旅行をされる方はサングラスを持っていきましょう。

日本より日差しが強いと感じるドイツでもサングラス無しで頑張っていた私ですが、眩しさに負けて旅行1日目にさっそくサングラスを購入しました。

▶サングラスを楽天で探す

▶サングラスをアマゾンで探す

 

日焼け止め

日焼け止めも、日差しの強いクロアチア旅行では欠かせないアイテム。

夏のクロアチアでは、日焼け止めは「美白キープのアイテム」ではなく「肌を守るアイテム」と心得ましょう。うっかり塗り忘れて1日中観光した日には、赤くなってヒリヒリとかなり痛くなります。

日焼け止めを塗る際は、塗りムラに注意。私は洋服と肩の境目がしっかり塗れていなかった事があり、1日が終わる頃にはそこだけ真っ赤になってシャワーを浴びるのも辛かったです。

塗りムラに注意すると同時に、こまめに塗り直すことも重要ですよ!

▶おすすめの日焼け止めを楽天で見る

▶アマゾンで人気の日焼け止めを見る

 

アフターサンローション

日焼け止めを塗っていても何となく肌がピリピリしたり、ムラがあって赤くなってしまう場合があります。

そんな時に使いたいのが、アフターサンローション。紫外線を沢山浴びた肌に塗ると、スッとなじんで不快感を和らげてくれます。

専用のアフターサンローションでも良いですし、アロエなど保湿成分の入ったジェルやクリームもおすすめです。日焼けしたには保湿が重要らしいので、とにかく保湿重視で選んでみましょう。

▶アフターサンローションを楽天で探す

▶人気のアフターサンローションをアマゾンで見る

 

虫よけスプレー、かゆみ止め

クロアチアには場所を問わず蚊が結構います。私も2週間の旅行で10ヵ所くらい刺されてしまい、虫よけスプレーを持って行けばよかったと後悔しました。

自然のある場所に行かなければ蚊に刺されないと思われがちですが、町の中にも蚊はいるので要注意。観光中はもちろん夏はテラス席で食事をすることも多く、蚊にとって私達は格好の餌食です。

刺されると痒くて面倒なので、あらかじめ虫よけスプレーで対策した方が良いと思います。また刺された場合のために、かゆみ止めも持って行くと便利です。

▶虫よけスプレーを楽天で探す

▶虫よけスプレーをアマゾンで探す

 

水着

夏のクロアチアへ行くなら水着は絶対持って行きましょう!透明な海に入らないで帰るなんてもったいなさ過ぎます。

海沿いの町では旧市街から少し離れた場所にビーチがあるところが多く、観光を楽しんだ後で気軽にひと泳ぎできます。気温30℃の中歩き回ったあとで水に入った時の気持ちよさと言ったら…!

そんな訳で、私達も2日に1日のペースで海に入っていました。「絶対泳がないよ」と思っている方でも、水着を持って行かないと絶対後悔しますよ!

▶トレンドの水着を楽天で探す

▶人気の水着をアマゾンで探す

 

マリンシューズ

海に入るなら用意したいのがマリンシューズ。

というのも、クロアチアの海岸は岩場の所が多く、とても滑りやすいのです。そして透明な海の中で足元を見ると、ウニがいっぱい!素足で踏んでしまったら、痛いどころでは済まされません。

岩場以外の海岸もありますが、地面に敷き詰められているのはサラサラの砂ではなく小さな石。素足で歩くと結構痛いです。

ビーチサンダルでも良いのではと思うかもしれませんが、マリンシューズの良い点は泳いでいても脱げないこと。あとは滑りにくさもビーチサンダルよりはるかに勝っています。

マリンシューズは観光地なら町のお店で買えたりもしますが、気に入るものやサイズがないかもしれないので日本で用意していきましょう。

▶マリンシューズを楽天で探す

▶マリンシューズをアマゾンで探す

 

羽織もの

クロアチアの夏は外は暑いですが、移動中のバスやカタマラン(高速船)の中は冷房が効いて結構寒かったです。今回飛行機の中で羽織る様にカーディガンを持って行ったのですが、エアコンが効いている場所ではそれが役に立ちました。

私達のときは大丈夫でしたが、夜になると気温が下がったり、夕立のあとで急に冷え込む事もあるのだとか。

寒さで体調を壊してしまえば旅行も台無し。たとえ天気予報が30度でも、移動中や寒くなったときに使えるよう羽織物を1着は持って行きたいところです。

 

扇子

暑い時にパタパタとあおげる扇子も便利です。扇子文化は海外にも広がりつつあるらしく、町では欧米からの旅行者が扇子を使用しているのを何度か見けました。

畳んでしまえば場所も取らないですし、バッグに忍ばせておいて暑い時に優雅に扇いでみてはいかがでしょうか。

 

おわりに

夏のクロアチアは日差しが強いので、強い日差しから守ってくれるサングラスや日焼け止めは特に重要。現地で購入もできますが、使い慣れたものや肌に合うものを使用する方がストレスも少ないですよ。

他のアイテムも場所を取らない物ばかりですし、ないと絶対後悔します。ぜひ持って行ってクロアチアの夏を満喫してください。

 

現地オプショナルツアーのVELTRA

VELTRAではプリトヴィッツェ国立公園や青の洞窟、隣国モンテネグロへのオプショナルツアーを取り扱っています。
個人で行くにはハードルの高い場所も、ツアーなら安心です。

≫ 公式サイト