【ドイツの結婚式】新郎新婦が披露するファーストダンス

日本とは異なる点も多いドイツの結婚式。なかでも驚いたのが、新郎新婦がみんなの前でダンスを披露するということです。

「みんなの前でダンスってどういうこと!?」とビックリしたのは私だけではないはず。

今回はドイツの結婚式で披露されるダンスについてお話します。

新郎新婦が披露するファーストダンス

ドイツを含めた欧米では、結婚式の中盤で新郎新婦が「ファーストダンス」披露します。

夫婦になった2人が初めて踊ることからファーストダンスと呼ばれ、皆が輪になっている真ん中でダンスを披露するのが一般的。

曲はワルツがほとんどです。

2人が1曲踊り終わったら、今度はほかのゲストも輪の中に入ってそれぞれのパートナーと踊ります。そうこうしているうちにテンポのある曲に変わっていき、会場がディスコ化するというのがドイツの典型的な結婚式です。

結婚式のためにダンスコースに通うカップル

皆の前でダンスを披露しないといけない訳ですから、結婚式を控えたカップルはダンスの猛特訓!

ダンス教室には大体どこでも「結婚式コース」みたいなのがあって、ダンス初心者のカップルはここで基本的なステップやターンを習います。

結婚式コースは短期集中なのがほとんどで、コースが終わる頃には1曲踊れるようになるという感じ。その後は家でひたすら練習あるのみです。

実際にコースに参加してみた

私達も結婚式前には、ダンス教室で結婚式向けの初心者コースに参加しました。

土日の2日間で基本的なステップを叩き込むという内容で、参加していたのは私達を含めて10組ほど。

習ったステップはワルツ、ウィンナ・ワルツ、フォックストロット、そしてディスコトロット。これに加えてターンのステップも教えてくれ、ステップを踏みながらときどきターンという練習を繰り返しました。

ステップを練習したら先生が大音量で音楽をかけ、みんなそれに合わせてもう一度ダンス。音楽があると本当のダンスフロアの様で、これが結構楽しかったです。

とはいえ習うステップが増えるごとに頭も混乱して、間違えたりパートナーの足を思い切り踏みつけたり…頭で考えることが多く、体と同じくらい頭も疲れました。

結婚式の本番で踊ってみて

ダンス教室に通った後も毎日練習した私達。本番でもそれなりに形になったダンスを披露できました。

しかし周りのゲストの方がダンスは圧倒的に上手だった…みんな他の結婚式などで場数を踏んでいるからかもしれません。

とはいえ、晴れて夫婦になった最初の共同作業(=ダンス)を皆が見守る中で行えたのには、何か感慨深いものがありました。

日本からのゲストにも「映画みたい!」と喜んでもらえて嬉しかったです。

おわりに

新郎新婦がみんなの前でファーストダンスを披露するドイツの結婚式。

ワルツの曲に合わせて2人が優雅に踊る姿はまさにヨーロッパという感じで、何度見ても胸がときめきます。

私達も結婚式に向けて猛特訓したものの、その後はすっかりご無沙汰。ドイツで結婚式に招待される事もあるので、また少しずつ練習して上達したいなと思っている所です。

4 COMMENTS

akane1033

私たちはどちらもダンス音痴なので、結婚式のダンスはスルッとパスしました(笑)
それにしても、ダンス教室に結婚式コースなんてものがあるのですね!!もっと早く知っていれば、、、!笑

返信する
Mops

あかねさん
私達はどちらかというと最初からダンスには興味があって、周りからも「思い出に残るからした方がいい!」と言われたのもあり踊る事にしました。
結婚式コースはどこのダンス教室にも大体あったので、やはり需要はあるのでしょうね。恥ずかしい物を披露しない様に私達も練習あるのみです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です