My Life

ドイツ在住の私が「日本でやっておけばよかった」と後悔していること3つ

2012年の頭にドイツにやってきて、ドイツ居住歴もそこそこ長くなってきた私。

今回はそんな私が、日本でやっておけばよかったと後悔している3つの事を紹介します。これから海外に移住や長期滞在される方にとって、今から日本で何をすべきか、もしかしたら参考になるかもしれません。

その1:全身脱毛

「やっておけばよかった」後悔の1つ目は全身脱毛。ドイツでは自分でムダ毛の処理をする人が多いほか、脱毛サロンへ行くとしても「ペリッ」と剥がすブラジリアンワックスが主流です。ワックスだとまたすぐ毛が生えてきてしまうため私としてはレーザー脱毛をしたいのですが、日本ほど広まっていなくて施術できる場所も少ないのが現実。

私は自分で処理をしていますが、毎回のこととなるとやっぱり面倒なんですよね。そんななか設備やアフターケアが充実していて、かつ通いやすそうな日本の脱毛サロンのサイトなどを見ると、つい「いいなあ」と思ってしまいます。

私が一時帰国するのは多くても年1回。期間は3週間ほどなので、この期間に日本で全身脱毛するのは到底不可能。ドイツに来る前に、気軽に利用できる日本のサロンで脱毛しておけばよかったと後悔している所です。

ちなみにドイツの脱毛事情ですが、腕や脇に関してそこまでうるさくない一方、アンダーヘアには気を使っている人が多いです。ハイジニーナにする人も結構いるんですよ。私も今の夫と付き合い始めた時にこの話題が出て、恥ずかしながらドイツの基準が全く分からなかったので、「どのくらいまですればいいの!?」と正直に聞いたことがあります。笑

その2:部屋の私物の片付け

実家の私の部屋には、昔読んでいたマンガや本、もう着るか分からない服なんかが沢山あります。本当はドイツに来る前に全部整理して使わない物は捨てるなり譲るなりすればよかったのですが、出発前にバタバタしていて出来ずじまい。

一時帰国のときに「今回こそ片付けよう!」と毎回思っているのですが、2~3週間の滞在期間が過ぎるのはあっという間。お出かけしたり友達と合ったりしているうちに時間が無くなって、結局何もせずにドイツへ戻ってしまいます。

今年は10月半ばから3週間の一時帰国。日本での予定もぎっしり詰まっていますが、服の整理くらいはできるようにしたいです。

その3:日本国内の旅行

「もっと日本をあちこち旅行しておけばよかった」というのも、ドイツに来てから感じた後悔のひとつ。日本にいた時は国内旅行にそこまで興味はなかったんですけどね。ここ2~3年で何故か日本国内の旅行が私の中でのブームになっていて、帰るたびに地元の長野を中心に調べておいたスポットを訪れたりしています。

一時帰国の期間では行ける場所も限られるので、住んでいるうちにいろんな場所に行けばよかった、と今更ながら思っているところ。

今回の帰国でも国内旅行を計画していて、ちょっと長めに1週間くらい九州を旅行する予定です。私も夫も九州は初めてなので、今からとても楽しみにしています。

おわりに

私が日本でやっておけばよかったと後悔している3つの事を紹介しました。脱毛に関してはもう半分諦めていますが、片付けや旅行はこれから少しずつでも実行していきたいです。

読者の方の中にも、これから海外移住をするという方がいるかもしれません。私と同じような後悔をしないよう、しっかり計画を立てつつ準備や日本での生活を楽しめたらいいですね。