ドイツ留学

【ドイツ語勉強法】タンデムパートナーの探しかたと注意点

様々なドイツ語の学習方法から、今回はタンデムがテーマ。

ドイツ語を学習している方なら、一度は「タンデム」という言葉を聞いたことがあると思います。

タンデムというのは、2人でペアになり互いの母語を教えあう勉強法。例えば日本人がドイツ人とペアになり、日本語を教える代わりにドイツ語を教えてもらうことでお互いの勉強を助け合います。

タンデムではとにかく喋るので、ドイツに来たばかりでドイツ語に早く慣れたい留学生には特におすすめ。またドイツ留学から帰国したけれどドイツ語力を維持したい、という方にもぜひ実践してほしいです。

そんなタンデムをするにあたって、今回はパートナーの探し方や注意点を紹介します。

タンデムパートナーの探し方

タンデムを始めるには、まず日本語(またはその他の自分の母語)に興味のあるパートナーを探さなくてはいけません。

この章では、どうやってパートナーを探すのかを解説していきます。

大学の日本学に直接問い合せ

もし自分の住んでいる町の大学に日本学があるのであれば、タンデムに興味のある学生がいるか問い合わせてみましょう。日本学ならみんな日本語の勉強をしているので、誰かしら紹介してもらえるはず。

インターナショナルオフィスで聞いてみる

大学に日本学がない場合は、インターナショナルオフィスで聞いてみるのもひとつの方法です。大学によってはタンデムパートナー探しを手伝ってくれる所もあり、申込書に学びたい言語などを記入して提出すれば良さそうなパートナーを紹介してもらえます。

私が通っていたフランクフルト大学でもインターナショナルオフィスがパートナー探しの仲介をしていて、実際に何人か紹介してもらったことがあります。大学を通しているので、いわゆる「変な人」に巡りあう確率も少ないです。

大学の掲示板

ドイツの大学ではメンザ(学食)などにお知らせやイベント情報、空き部屋の入居者募集などが張られた掲示板があります。

ここにタンデム募集の張り紙をしてみれば、興味のある学生からコンタクトがあるかもしれません。ただ携帯番号やメールアドレスなども書かないといけないので、個人情報を公の場で公開するのに抵抗がない方向けの方法でもあります。

語学学校に問合せ

もし住んでいる町に語学学校があれば、そこで問い合せしてみるのも良いでしょう。タンデムパートナーの仲介をしている所も多く、コース受講者以外でもサービスの利用ができます(非受講者は有料の場合あり)。

タンデムパートナーを紹介してくれる語学学校をいくつか選んでみました。リンクから各学校のタンデム紹介ページにジャンプできます。

語学学校ではありませんが、日本でタンデムパートナーを探している人は日独協会が提供している「日独タンデム」が利用できます。対象地域は主に首都圏エリアです。

インターネットで探す

住んでいる町に大学がなかったり、幅広い年齢層とタンデムがしたい場合は、インターネットでパートナーを探してみましょう。

Tandem Partners」というサイトでは「自分の母語」、「学びたい言語」、「住んでいる町」を入力することで条件にあうパートナーを探すことができます。対応地域は主にドイツですが、オーストリアやイギリスもカバーしています。

シュタムティッシュで探す

シュタムティッシュとは、レストランなどに定期的に集まって雑談を楽しむドイツの文化。

日本人が多く住んでいる町では、「シュタムティッシュ」との名目で日本人と現地人の交流を目的とした集まりがあることが多いです。ここに来るのは日本に興味のある人達ばかりなので、タンデムをしてくれるパートナーが見つかる可能性も高いです。

 

パートナー探しの注意点

タンデムパートナー探しをする際、注意するべき点が3つあります。タンデムを長続きさせるために重要なことも含まれているので、ぜひ覚えておきましょう。

デート目的の人には注意

タンデムパートナーを探していると、「日本人女性と知り合いたい」といったデート目的で相手を探している人にも結構遭遇します。全員がそうという訳ではないものの、特にネットで探している時はこういう人に出会う確率が高いです。

デート目的の人はコンタクトを取っている時点で何となく分かりますが、実際に会ってみて分かる場合もあります。1回会ってみてパートナーにふさわしくないと思った時は、タンデムをする意思がないことをはっきりと伝えましょう。この手の人達にあいまいな態度をとると、あとで厄介なことになったりするので注意が必要です。

なるべく同じくらいの語学レベルのパートナーを探す

タンデムパートナーは、お互いの学習言語レベルが同じくらいであることが理想的です。

でないと、片方が教えるばかりで先生と生徒みたいな関係になってしまいます。

私も以前いちどだけ「日本語の勉強をはじめたばかり」というパートナーがいましたが、私が彼女に日本語を教えるのがほとんどで、こちらに返ってくるものはあまりありませんでした。この時はやり方が悪かったという事もありますが。

学習レベルが同じくらいのほうが、お互いの成長も確認できたりしてモチベーションも持続しますよ。

学習目的をしっかり確認する

タンデムを始めるときは、相手の学習目標をはじめのうちに確認することが重要です。例えばあなたが「綺麗な文法で喋れるようになりたい」と思っているのなら、会話中の文法ミスをそのつど指摘してくれるようパートナーに頼んでみましょう。発音などもおなじです。

パートナーの目標もしっかり確認し、お互いを高めあう関係をつくることがタンデム学習では重要になります。

はじめに学習目標を確認しないと、ただお喋りしているだけで終わってしまいます。ドイツ語に慣れることが目的であればこれでも良いですが、やはり目標をしっかり設定するほうが学習効率が良いです。

 

おわりに

ベルリンやフランクフルトの大都市や大学のある町に住んでいる場合、タンデムパートナー探しは比較的簡単です。近くに大学などない場合はネットで探すことになると思いますが、その場合は怪しい人につかまらないよう十分注意しましょう。

学習を始めるときはお互いの語学レベルや目標を確認し、両者にとって有意義な時間をつくることがタンデム学習を長続きさせるコツです。

気の合うパートナーが見つかれば、一緒に食事へ行ったり出かけたりと「学習パートナー」以上の関係を築くこともできますよ。